遮熱シート『アプリ』

 宇宙飛行士や消防士の服の素材にアルミが使われているのはご存知だと思いますが、これで家を囲ったらどうでしょうか?

水の入ったペットボトルを包めば、冷凍庫に入れても凍りません。

外気をはね返し、室温を保つ「夏涼しく、冬暖かく」を省エネできる画期的な方法だと思いませんか?

 従来の断熱材(発泡系・繊維系)の場合、熱を伝える時間を遅らせる働きはあるので、50㎜~100㎜の断熱材であれば数時間の効果を期待出来ます。 遮熱シート『アプリ』なら8㎜の厚さで夏の暑い日ざしや、冬の冷気をはね返してしまいます。

 アルミ箔を天井裏に敷き詰めるだけで、夏は太陽の暑い日ざしをカットする効果が有ります。

 家全体を遮熱シート(アプリ)でくるむようにすれば、屋根裏も快適空間。

 今まで、ねずみの住処になりかねなかった小屋裏もりっぱな納戸や、子供の寝室に有効利用できます。

夏、屋根の遮熱の効果は想像できると思いますが、冬の遮熱はどうでしょう。

 冷たい外気をはね返し、暖房して温まった部屋の空気を内側にはね返し、冷えにくくするので、光熱費の節約になります。

裸のペットボトル君

アルミの洋服を着る

ペットボトル君